2011年12月29日

私書箱 ランキング 23年度

皆様、こん●●は!

今年も残すところ、あと少しとなりました。

今年を振り返ってみますと、本当に大変な1年でした。

特に震災や災害など心の痛む出来事もありましたが、こんな時こそ
暖かい気持ちを忘れずに人と接する事が大切なんだ、という事を改
めて教えられた年になりました。

常日頃からこの気持ちを忘れずに。。。。



さてさて、恒例になりましたが、今年1年間の私書箱SRSに頂きました
お問い合わせランキングの発表です。


今年の合計件数は106件(電話問い合わせは省きます。)でした。

その中から上位5位をご案内させて頂きます。


1位、私書箱サービスの再開について

今年、もっとも多く頂きました問い合わせ内容は、サービス再開の件でした。

再開につきましては、昨年の問い合わせランキングで2位だったのですが
今年の1位に・・・・・う〜む、何とか改善せねば。。。^^;


私書箱サービスの再開方法としては、先ず、MAILやお電話などで再開の旨を
ご連絡頂ければ結構です。


また、私書箱サービス再開時に以前のご住所地に変更がある場合は、再度、
法令に基づく本人確認が必要です。


その他の項目(電話番号やMAILアドレスなど)に、ご変更があっても
特に問題はありません。
但し、再開時までに、ご変更項目をお教えください。


また、私書箱サービス再開の場合に、再度、ご入会金が必要になる場合と
不要の場合があります。

ポイントは、法令に基づく本人確認の手続きが再び必要かどうかと言う点です。


具体的には以下の通りとなります。


1、契約終了から半年が経過していれば、住所変更の有無を問わず、
再度、法令に基づく本人確認が必要となり、入会金が必要となります。


2、住所変更があれば、サービス終了からの期間経過数を問わず、
再度、法令に基づく本人確認が必要となり、上記1と同様に再び、
入会金が必要となります。


3、サービスの終了から、半年以内の再開で、ご住所地に変更がなければ、
身分証明証のご提出のみで対応させて頂きます。
この場合、ご入会金は不要です。


尚、私書箱スポットプランの場合は、有効期限内に継続して代行受取の予定が
ある場合は、有効期限を問わず、必ず、事前に、【代行受取】依頼のご連絡を
お願いします。

これは、例えば、1度、商品購入をした販売会社などから、商品購入後にDMや
販促用の資料(広告など)などが送られてくるで、その郵便物の代行受取料が
計上される事を防ぐ為です。


逆に言いますと、スポットプランをご利用の方につきましては、その都度、
必ず、事前に代行受取依頼のご連絡がなければ、例え、有効期限内であっても
お荷物の代行受取はいたしません。

これはあくまでも不要な費用を抑える為ですから、何卒、ご理解下さいませ。


2位、私書箱サービスの契約時に必要なもの
これは、公的機関が発行する身分証明書となります。

・個人契約の場合 ・・・
運転免許証・各種健康保険証・パスポート・外国人登録済証カードなどから何れか1点。

・法人契約の場合 ・・・ 
登記事項証明書・印鑑登録証明書・などから何れか1点。


その他、詳細につきましては、

★当サイトのSRSからのご利用までの流れページの下部、

【SRS私書箱サービスの開始】項目をご参照ください。


3位、私書箱サービスを利用するには

私書箱サービスを利用するには、以下の手続が必要となります。

・お申込手続
・費用のご清算

法令に基づく本人確認を希望される方は同手続を
希望されない方は、単に身分証明書のご提出でOKです。
但し、法令に基づく本人確認をされない方は、
ご利用いただきます住所利用に以下の通り、条件がつきますので
ご注意ください。


詳細につきましては、上記と同様に

★当サイトのSRSからのご利用までの流れページの下部、

【SRS私書箱サービスの開始】項目をご参照ください。


4位、私書箱サービスの各種プランなどについて

私書箱SRSの私書箱サービスにつきましては、

・プライベートプラン
・フリープラン
・スポットプラン

の3プランがございます。


簡単に説明しますと、
先ず、私書箱サービスの利用目的が、商業利用かどうかという点です。

個人の方でも、個人商店や自営、或いは、サイドビジネス利用になりますと
フリープランでのご利用をお願いいたします。

また、スポットプランは、お荷物の代行受取のみを対象にしたサービスです。

お荷物の発送先としての利用や営業所などとしての住所利用は不可です。
こういったご利用の場合は、他のプランでのご契約をお願いします。

【SRSの新規お申込みページ】項目をご参照ください。


5位、私書箱SRSで受取可能郵便について

私書箱SRSでは、基本的に以下のようなお荷物の受取はできません。

但し、例えば、食品系の物につきましては、直ちに転送やお引取といった
対応頂ければこの限りではありませんので、事前にお問い合わせください。


尚、本人限定郵便やセキリュティパッケージなどの郵便は、第三者の
代行受取は不可です。
こういったお荷物は必ず、ご自身でお受け取りください。

【 受取不可郵便の種類 】

•生鮮食品類(冷蔵・冷凍が必要なもの)

•遺体、遺骨、位牌、仏壇

•危険品(花火、灯油、ガスボンベ、シンナー等、発火性、引火性、揮発性の
ある物品、毒物及び劇物類)

•再発行が困難な受験票、パスポート、車検証類

•再生不可能な原稿、原図、テープ、フィルム類

•麻薬類

★SRSの私書箱サービスご紹介ページの
【SRSのご注意事項】項目をご参照ください。

以上です。
本年も多くのお問合わせを頂きまして、本当にありがとうございました。


番外編

★当センターの代表電話番号の利用についてのお問い合わせを頂きますが、
利用はできません。

くれぐれもご注意下さいます様お願い致します。

■当センターの代表電話番号の利用について

私書箱SRSの会員の方であっても当センターの代表電話番号を対外的に
利用する事は認めていません。

当センターが、こういった対応ができない事で、何らかのトラブルが
発生しても、当センターでは、その責任を取る事は一切できません。

従いまして、大変恐縮ではございますが、こういった事がないよう十分に
ご注意下さいます様お願い致します。

尚、例えば、大阪の市外局番の電話番号の利用などをご希望の場合は、
当センターの各種電話サービスなどのご利用をご検討頂けば幸いです。

各種電話サービスは大変お得な割引プランもございますので、是非、
ご検討下さい。

また、ご注意点などにつきましては、何卒、ご理解賜りますようお願い
致します。

-- 各電話サービスのご参照URL --

【SRSの各種電話サービスについてSRSのご注意事項】

【SRSの各種電話サービスの超!お得割引について】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後に、今年もこうして1年の締めくくりを無事に迎えられるのも皆様のおかげです。

新年もより一層皆さまのお役にたてるサービスをご提供してまいります。

皆様にとって新年も穏やかで幸多い年になりますよう心よりお祈り申し上げま。

簡単ではございますが、新年もどうぞ【私書箱SRS】をよろしくお願い致します。
posted by SRS at 16:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする