2010年01月28日

郵便局 私書箱

皆様、こん●●は!

まだまだ厳しい寒さが続きますが、私書箱SRSの会員の皆様は風邪などひかれてませんか??

今回は、郵便局私書箱民間私書箱の違いについて・・・

のご案内を致しますね。


先ず、郵便局の私書箱は、無料で利用できるのが最大の違いではないでしょうか。

しかし、デメリットもいくつかあります。

1つめは、大半の郵便局が、企業を優先して利用させている所が多く、
特に都心の郵便局になりますと、空きがあるのは稀でして、個人の方が
利用できるのは簡単ではないのが実情です。

2つめは、自分で速やかにに引取に行くのが原則、

3つめは、ほぼ毎日お荷物が届かなければならない

4つめは、住所利用にいくつかの制限や条件などがある。

5つめは、到着しているかどうかの連絡サービスなどはない

6つめは、最低6ヶ月以上の利用が前提となる。

・・・etc

以上のような感じですね。

何といっても大きな問題は、空きのない郵便局が多い為、特に個人の方は直ぐには利用できない、という事でしょう。。。。


しかし、民間の私書箱では、一部の業者様を除いて、ほとんどのお店で直ぐに利用できます。

また、民間の私書箱では、色々なサービス(到着通知サービス、転送サービス、不要なお荷物の破棄処理サービスなど)がついており、近年、業者様も増えてきました。

但し、郵便局私書箱比較し、最大のデメリットは有料です・・・・

この点をどう思われるかが問題ですね。。。

ご参考までに。

今後も【私書箱SRS】をよろしくお願い致します。
posted by SRS at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック